茶髪の若い主婦 指差し

自分に合った副業を選ぼう

 

しっかりとした本業を持って、普段は仕事をしていても、プラスアルファの副収入が欲しい場合には副業を考えると思います。

副業と言っても、定期的に働く事が難しかったり、週末の休みもたまに休日出勤が入るから難しい場合には、単発的な副業がオススメです。
お金を稼ぐ方法はたくさんありますが、よく募集があるのが、大手ショッピングセンターや、ホームセンター系のスーパーの棚卸作業です。お店が閉店している状態での棚卸作業になるために、時間帯は夕方から夜になることが多いようです。

 

また、1日だけお店を休んで行われることもあるので、そう言った時に参加する副業です。大抵の場合は、担当する商品を割り当てられて、その商品の数を数えたりするだけの簡単作業です。

 

時間もまる1日かかるようなことはほとんどなく、数時間程度の仕事が多いようです。気になる副収入も時給にすると1000円程度になることが多く、ちょっとした副業にはぴったりだと思います。

こうした感覚で、シーズンごとの非常勤扱いの副業をすることも良いと思います。
例えば、クリスマス前の商品陳列や、年末年始の初売りの準備、お歳暮の時期の包装係、こういった短期間で単発的な仕事を副業とするのです。
毎日、定期的と言う働き方が出来ない分、自分の時間の許す限り働くと言う感覚に切り替えて働けるのがこの時期だと思います。
企業側では猫の手も借りたいほど忙しいはずなので、短時間であっても働きに来てくれるのは歓迎されるのではないでしょうか。毎回単発的に参加しているのであれば、経験が認められるようになるかもしれません。
そうなると時給が他の人より若干アップする可能性も出てきます。

 

定期的に働けなくても、こうした単発的な仕事で副業をすることもできます。働き方は人それぞれですので、自分に合った副業を選んで、副収入を得られるようにしたいですね。

ページ上部に